赤帽の引越しが安い理由

*

赤帽の引越しが安い理由

赤帽

赤帽は小型トラックで運送業務を行っている個人事業主の集まりのことをいいます。運送業務の一環として引越しサービスも行っていますが、低料金であることから利用する人がたくさんいます。

 

引越し業者の単身引越しプランでは3〜5万円することもありますが、赤帽の場合は1万円強〜と大変リーズナブルな料金設定になっているのが特徴です。移動距離や作業時間が長くなるほど料金は追加されていくことになり、平日より日曜日や祝日は割高になるのが特徴です。

 

赤帽の安さのカラクリは?

中にはどうしてこんなに安いのかと思っている人もいるでしょうが、理由は複数あります。まず、通常は引越し業者は運転手と作業スタッフの2名いますが、赤帽は運転手と作業スタッフを兼ねる担当者が1名しかいません。人件費がかかっていない分、料金に反映されているわけです。

 

また、赤帽にお願いする場合には、依頼した人も引越し作業を手伝う必要があります。全て任せきりになるわけではないため、引越し料金が割安になるのです。なお、冒頭で記した通り赤帽は個人事業主の集合体であるため、料金やサービス内容は統一されていませんので、よく確認・比較した上で依頼するところを決めましょう。

 

なお、赤帽は近距離での引越しにしか対応していないことがありますので、事前にしっかりと確認することが大切です。また、小型のトラックを使っての引越しとなるため、荷物を全て一台のトラックに積み込めない場合には、もう一台チャーターする必要があり料金も倍になります。距離や運べる荷物量にデメリットはあるものの、この安さに魅力を感じる人は多いでしょう。

 

近距離引越しは赤帽と引越し業者の単身パック、どっちがよいか?

赤帽はとにかく安いですが、タイミングによっては引越し業者の単身パックの方が安い場合もあります。引越し業者側のキャパシティーが空いていて、お客さんが欲しい状態の時は、引越し料金を大幅に安くしてくれる場合があるからです。

もちろん、必ず安くなると断言できないので、どっちがよいかはタイミングによって変わってくるでの、一概にこっちがオススメと断言できません。

 

そこで私が実践する最短でかつ最も引越し料金を安く済ませる手順を紹介します。

 

手順① 引越し業者で料金をシミュレーション

 

引越し価格ガイドのようなインターネットの無料一括見積もりサイトを使って、事前に引越し業者へまとめて見積もりをすること。引越し価格ガイド以外にも、ホームズやスーモ、ズバット引越し見積もりなど色々ありますので、どれを使っても構いません。

 

事前に一括見積もりをしておかないと、料金の相場がわからないので、赤帽のほうが安いのかどうか判断ができないためです。この段階では、引越し業者を決めずに保留にしておきましょう。

 

 

手順② 赤帽へ電話で料金を確認

 

手順①でアリさんマークや、サカイ、ダック引越しセンターなど、各引越し業者から提示された引越し料金をメモしておきます。料金の相場を事前に把握した状態で、赤帽へ電話をしましょう。もし、引越し業者よりも高いもしくは料金があまり変わらない場合は、引越し業者の方が断然オススメです。

 
手順③ 料金交渉を入れる

 

赤帽、引越し業者のどちらでも構いませんが、引越しをお願いしたい業者に他社がもっと安い金額で提案してきた旨を伝えて、できる限り交渉を入れます。最後にだめ押しで交渉をしてみると、1000円〜3000円程度、値切りをしてくれる可能性もあるからです。

 

上記手順を踏めば、確実に安い業者が見つかりますのでぜひ実践してみてください。

 

【よくある質問】赤帽の引っ越しはダンボール何個まで運べる?

赤帽に引越し荷物の運搬を頼む場合、ダンボール換算で何個まで対応してくれるのでしょうか。これは、各事業主によって異なるといわざるを得ません。

 

ただ、比較的小型のトラックでの運搬を行っている業者が多いため、その場合には20〜30個のダンボールを運搬することが可能でしょう。なお、これは一般的なみかん箱程度の大きさの場合であり、実際にはダンボールのサイズによって積み込める量は変わってきます。

 

また、このぐらいの個数のダンボールだと、単身引越し程度の量しか運べないのではという人もいるでしょう。それから、トラックが小さいと大型家具・家電が積み込めないという問題も出てきます。

 

荷物が積み込めない場合にはトラックを一台追加してもらうことで対処可能ですが、家具や家電で高さのあるものだと、トラックを追加するだけでは積み込めず、問題が解決しないことがあります。その場合、赤帽に頼むことは諦めて別の引越し業者に依頼するしかないと諦めるのは早計です。

 

今は赤帽の中には比較的大きいトラックを導入しているところもあります。ダンボール60〜80個分の量の荷物が運べる他、大型家具・家電を積み込める高さのトラックを使った引越しが可能になっているのです。

 

単身引越しの場合は小型トラックでも十分ということも往々にしてありますが、家族での引越しや大型家具・家電があるという人は、大型のトラックを使った引越しに対応している赤帽を探してみると良いでしょう。

 

こちらの引越し価格ガイドを利用してシミュレーションを算出してみたら、安い引越し業者が見つかるかもしれません。

赤帽の引越しが安い理由関連ページ

大学の寮から引越し
大学の入学と同時に、大学の寮に入りました。2年生からは、どうしても一人暮らしを始めたかったので親に相談し家を決めて念願の一人暮らしをすることになりました。   大学のすぐ近くのワンルームのマンションに決め、大学 […]
近距離はレンタカーで引越しが1番安い!(体験談)
5年前に子どもが生まれ、今まで住んでいたアパートが手狭になってきたと感じていた時に、手ごろな新築一戸建て物件に出会いました。引越し業者に見積もりをお願いしたところ、8万円くらいの見積もりをされました。   当時 […]
転職をきっかけに引越し【体験談】
転職をきっかけに引越しをしました。引越しは実家から一人暮らしを始めた時以来でした。実家からの引越しの時は、殆どの家具を新しく買ったので、引越し業者を使いませんでした。   ところが、今度はベッドやテーブル、炊飯 […]
【新築へ引越し】クロネコヤマトの女性スタッフが丁寧でした!
新築をきっかけに同県内に引越しをしました。いままでの転勤に伴う引越しとは違って、気になるのはサービスはもちろんですが費用でした。数社見積合わせの結果、宅配便のイメージが大きいとは思いますがクロネコヤマトにしました。 &n […]
【体験談】急な引っ越しは業者選びが大変!
急な引っ越しでお金もかけたくなかったので色々と業者選定には苦労しました。ワンルームのためコンテナ便なども検討しましたが、結局普通の引っ越しに落ち着きました。   引っ越し業者を決めるにあたって、アート引越センタ […]
少量で至近距離の引越しを安く済ませる方法は?
荷物が少量で至近距離の引越しの場合、とにかく引越し費用を安く収めたいものですね。引越し料金を節約をして、引越し業者を使わないパターンと、多少引越し料金を払って格安で引越しをするパターンがあります。 少量で至近距離の引越し […]
マンションの一斉入居で安い引越し業者は?
新築マンションへの一斉入居の場合、マンションの管理会社から引越し業者を指定されます。一斉入居なので、大勢の人が一度に引越しをするとごった返す可能性があるので、スケジュールをずらして引越しをするようにお願いされます。 &n […]
即日引越しで安い業者へ見積もりをする方法
急に引越しをしなければいけない時に、どうやって安い引越し業者を見つけるのがベストでしょうか?1週間、2週間前に引越しの見積もりをする場合と、前日や当日に引越しの見積もりをする場合では、料金が異なってきます。   […]
リズム引越センターの特徴と評判
リズム引越サービスは、神奈川県を拠点に事業を行っている引越し業者です。2004年に設立された会社であり、エコロジー&スマートを掲げ自然環境に配慮することでコストをカットし、リーズナブルな価格での引越を請け負っています。 […]
中村引越センターの特徴と評判
中村引越センターは、福岡県を拠点に業務を行っている引越し業者です。2012年設立と新しい業者ではありますが、充実したサービスが利用者の間では好評を博しています。なお、この引越し業者に依頼が可能なのは女性であり、福岡市内に […]

トラックバックURL

http://sakurabunko.sakura.ne.jp/%e8%bf%91%e8%b7%9d%e9%9b%a2%e5%bc%95%e8%b6%8a%e3%81%97/%e8%b5%a4%e5%b8%bd/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です